鉄蓋マルチ取替

サークルカッター工法

  • サークルカッター工法について

サークルカッター工法は、マルチ舗装カッター機械「マルークカッター」を用いて、円形鉄蓋・角形鉄蓋取替を円形仕上げ・長円形仕上げにローコスト・スピーディに行う工法です。「マルークカッター」は道路上のほとんどの鉄蓋周囲を適正サイズで切断できますからサークルカッター工法の適用範囲は、非常に広くなります。
 

【安全面での特徴】
下水道の内水氾濫対策として下桝への高強度接着系アンカー「しっかりアンカー」の使用を標準施工としています。
 

【コスト面での特徴】
軽交通・中交通の場合狭小部転圧機械「マルークTEN」を使用することで狭小部の路盤材転圧ができ、従来の円形工法の無収縮モルタル路盤仕上げに比べ格段に安価に道路復旧ができます。

 

  • サークルカッター工法の特徴

マルチ小型乾式カッター機械
●円形・長円形・直線切断
●軽量(人力で積み降ろし可能)
●舗装切断粉のリサイクル
内水氾濫対策 高強度アンカー
●下水の噴き上げに対応した高強度
●接着剤の硬化を待たずに交通開放
 
circle-title-3.png
●狭小部の路盤材が充分に締め固められる
※無収縮モルタルでなく安価な転圧系路盤材が使える
 

 

 

1. 舗装切断状況(マルークカッター)

circle-pic-1.png 

2. 人孔内養生

circle-pic-2.png 

3. 人孔鉄蓋撤去

circle-pic-3-1.png 

4. アンカー部削孔(しっかりアンカー)

 circle-pic-4-1.png

5. 鉄蓋設置無収縮モルタル打設

circle-pic-5.png

6. 路盤材転圧(マルークTEN)

circle-pic-6.png 

7. 舗装材転圧

circle-pic-7-1.png 

8.施工完了

circle-pic-7-2.png